怖いことを正直に伝えよう

麻酔が効くのかどうか

基本的に抜歯は、麻酔をしてから行います。
麻酔をすると大きな痛みを感じることはないので、安心してください。
ただ麻酔の効果には、個人差があります。
麻酔があまり効かないとわかっている人は、医師に伝えましょう。
治療の際に使用する麻酔の種類を変えたり、量を増やしたりしてくれます。

口腔内の治療以外でも、以前麻酔を打って気分が悪くなったことがある人は医師に申告しましょう。
施術が終わって麻酔が切れたら痛みを感じることがありますが、痛み止めが処方されます。
痛み止めである程度抑えられるので、安心してください。
また施術した部分が炎症を起こさないよう、化膿止めを処方される場合があります。
複数の薬を処方された際は、どんな時に何を飲むのか確認しておきましょう。

先に治療する場合

口腔内で炎症が起こっている時は、抜歯ができません。
理由として麻酔が効きにくくなったり、抜歯後に強い痛みを感じたり、血が止まらなくなったりしてしまうからです。
炎症が起こっている場合はそちらが収まってから、抜歯するスケジュールになります。
歯医者に行って口腔内をチェックしてもらい、炎症していることがわかったら抗生物質を処方されます。

いつ飲めば良いのか医師が説明してくれるので、言われた通りに服用しましょう。
服用方法を間違えたり服用しなかったりすると、いつまで経っても炎症が収まりません。
抜歯もできないので、ずっと痛みが続いてしまいます。
また炎症している時は口が開かないことがありますが、それも薬によって改善できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る